合格祈願

c0182775_19513733.jpg

雪道を踏んで合格祈願に来ているようです
撮ったのは先週土曜日です

今日は留学生入試の面接試験に臨みました
一人だけでしたが好印象で合格となりました

今年度は18歳人口が全国的に8万人減っているということで
どこの大学でも定員確保に頭を抱える状況です

絵馬の中に本学志願がないか探したのですが
残念ながら見つかりませんでした


ソチ五輪女子ジャンプ
小学校でのジャンプ大会で優勝経験のある私としては
ウインタースポーツではジャンプが一番好きです
それだけに 高梨選手の結果は残念でした
(いや大会のレベルとしては比べるも愚かなんですが)

飛ぶ前からコンディション作りが
しっくり来てない感じがありましたので
当時絶好調でありながら敗れた瀬古利彦選手の
ロサンゼルス五輪マラソンレースが彷彿とする思いでした

by zuoteng_jin | 2014-02-12 20:20 | Contax T2 | Comments(2)
Commented by たきた at 2014-02-13 01:55 x
僕も絵馬ウォッチャーで、初詣に行ったりすると、ついつい人の書いた絵馬を見てしまいます。絵馬と雪が一緒に写っている写真、色彩が気持よいですね。

先生がなんとジャンプ優勝経験のあるアスリートだったとは! 僕は高所恐怖症なので、スキージャンプだけは一生やる可能性のないスポーツだとずっと思ってました。見るのは好きですが。

高梨選手、インタビュアーの顔をじっと見て、回答を自分の中からちゃんと探してくるのがいいですね。

ここ数日は午前3時ぐらいからしばらくオリンピック中継を見て、そのあと借りてきた映画を半分ぐらい見て、6時過ぎぐらいに寝る生活になってしまいました。きょうの起床時間は午後3時でした……。
Commented by zuoteng_jin at 2014-02-13 08:21
そうです。貴学に赴任する前は五体満足でしたから、毎週スポーツジムでのトレーニングやテニススクールでのレッスンを欠かさず実行していました。テニスの疲労度が異常なことがあって、いよいよこれは癌かもしれないと覚悟したくらいでした。

ジャンプの選手としては小学校止まりでした。中学生になると、ジャンプ用のスキー板が必要になるのですが、貧乏な家庭では手が出なかったからです。でも跳ぶのは大好きで、川を1本飛び越える遊びなどをやったものです。

それにしても、liveで中継放送をご覧になっているのには敬服します。ご体調に影響が出ませんように。
<< 境内の立ち木 雪の白樺と寺院 >>