杖術

c0182775_1914541.jpg

先週土曜日 小さな公園にこんな男性がいました

合気道の杖術を練習しているところです

脳卒中後遺症の歩行を助ける杖と
合気道で身を守る杖と
思えば色々ありますね

今日は自宅で仕事をこなす合間に
近くのソニーサービスセンターまで歩いて
先週土曜日に修理に出した NEX-7 を引き取ってきました

撮像素子についた埃をブロアで飛ばそうとして
ついうっかり ブロアの先端が素子に触れてしまいました

素子表面のローパスフィルター交換と相成り
部品代が5千円ほど 技術料が2万円近くかかりました

センターは徒歩10分ほどですから
今度からは 清掃だけで済むように
埃がついたらすぐ持ち込もうと思います

by zuoteng_jin | 2013-10-22 19:14 | Minolta HIMATIC E | Comments(2)
Commented by shijing_haozhao at 2013-10-24 02:53 x

先生の写真、いつも写っている人のポーズが、何気ないようで、でも妙な感じもして、おもしろいです。この杖術の男性も、今日の待合室の男性も、ベーカリーのカップルも、アジサイの横の走っている男性も。こういうのも一瞬を切り取る写真の醍醐味というか、おもしろいところですね。
それとハイマチックEの分解やらNEX-7の掃除やら、なんだか楽しそうです。
Commented by zuoteng_jin at 2013-10-24 08:00
被写体についてのコメントありがとうございます。美しい景色や綺麗なものももちろん魅力がありますが、それでもそこに色んな角度から人間が関わっているさまを見ると、ますますシャッターを切りたくなります。自分なりに、スナップ写真とはそういうものだと考えています。
しかし、プライバシーを犯すことのないように、人物との距離や撮る角度には充分な配慮が必要ですね。そこが難しいです。
カメラいじりそのものも楽しいです。しかしデジタルは不可触領域ですね。カメラいじりは、素人が触ることが出来るセミクラシックな機材に限ります。いじられたがっているのが、数台あります。
<< 整形外科待合室 SMEGの冷蔵庫 >>