庄内藩ハママシケ遺物と松本十郎

c0182775_18142259.jpg

庄内藩が150年前に設置した石橋だそうです

松本十郎は父戸田文次郎とともに物頭長屋に暮らした由ですが
それは下のような場所にあったと推定されています
c0182775_1819177.jpg

今は落葉樹が鬱蒼としていますが 地元の人の説明によると
昭和40年代はカラリと開けた斜面だったそうです

ところでこの落葉樹の林は
私の岳父が造林した可能性が大なのです

浜益には岳父の造林事業所があって
付近一帯の造林を請け負っていたからですが
いつか確認してみたいものです

陣屋遺跡の中心は奉行所跡ですが
昭和末期に浜益村(現石狩市浜益区)教育委員会が場所を確定したのは
平坦な敷地と井戸の跡があったからだといいます
c0182775_18271362.jpg

上がその井戸の跡です

この陣屋で足かけ2年過ごした松本十郎は
ほぼ10年後に新政府の開拓使役人として再訪します
c0182775_1829518.jpg

陣屋の建築物は引き揚げる庄内藩士がすべて解体しました

再訪した松本十郎はその後も残ったふもとの商家の裏の段丘に立って
明治の浜益村や日本海を眺めたはずです

ただかつてとは立場が異なる自分を顧みて
色々と複雑な想いにとらわれたことは間違いないだろうと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-24 18:39 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

庄内藩ハママシケ(浜益)奉行所遺址見学

c0182775_1722562.jpg

昨日の松本十郎研修会です

石狩市浜益区川下地区にある八幡神社前から
山道の登りにかかります

参加者は約50人ですが 私を含め
ご覧のようなお年寄りがほとんどでした

平均年齢は65歳以上あるいは70歳ぐらいでしょうか

この神社はここから山道を30分ほど登った位置にあったのですが
明治以降は山のふもとに移されました

八幡神社は源平の時代から武運を祈る神社でした

江戸幕府はロシア南下に対する防備として 万延元年(1860年)
庄内藩に北海道の西北地方三分の一を領知させましたから
八幡神社に祈るのはもっともなことです

それから明治政府が出来るまで8年間
庄内藩士約200人がここで開墾しかつ警備に従事したのです
c0182775_17411296.jpg

ふもとから7~8分登ると奉行陣屋の大門と土塁が残っています

小さなものは別として
遺跡として残る大きなものはこれだけだといいます(大正時代の複製ですが)

大門から山頂までの斜面に15棟からなる建築物を配しましたが
土地の総面積は東京ドーム総面積の約4個分にあたります

この遺跡は昭和63年に国の史跡として指定されましたが
この二三年になってやっと市が整備に力を入れるようになった由です
c0182775_1854276.jpg

敷地の中にある案内板も真新しいものです
大門から15分ないし20分ほど登ったところに行政庁の奉行所がありました
c0182775_18105449.jpg

登る途中で教わった遺物などについてはまた明日紹介しますが
150年前の遺跡遺物に敬意を表して
65年前の自己再生クラシックカメラを使いました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-23 18:20 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

秋のほおずきと松本十郎浜益研修会

c0182775_17342071.jpg

東京ではほおずきは7月のものでした

たとえば浅草のほおずき市は7月10日前後です

でも北海道のほおずきは9月末から10月前半なんです
c0182775_1742284.jpg

マンション敷地内では今ちょうど桔梗が終わり
ほおずきの紅い実がなっています


今日は抜けるような秋晴れでした

日曜日はオープンキャンパスで出勤でしたので
今日はその振替休日を取り
札幌の松本十郎の会と恵庭の中山久蔵の会との合同で
十郎の父が勤務した浜益奉行所における研修会に参加しました

参加者は50名で バスをチャーターして往復しました

かつての庄内藩浜益奉行所は山の斜面に
15棟ほどの長屋があったのですが
今は高い落葉樹の深い林になっていました

庄内藩奉行所は8年間経営された由ですが
そのうち2年間ほど十郎はここで過ごしたのです

奉行所跡見学のあと 厚田で十郎が斎藤鉄太郎(子母澤寛の祖父)と
旧交を温め二晩語り明かした厚田の正眼寺に行きました

ここで十郎と鉄太郎の再会の様子を参加者に紹介しましたが
鉄太郎が過ごした「南へ向いた丘」の景観が
昨年とは異なって ふもとの方にいろんな建築物が工事中でした

そうなってくると子母澤寛「厚田日記」の作品イメージが
想像し難くなりそうで ちょっと残念な思いで帰宅しました
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-22 18:14 | RetinaIIIc Xenon | Comments(2)

眼下の合流標識と蛇腹の補修

c0182775_10533947.jpg

12階の眼下には札幌新道の合流ポイントがあります

これは1983年製ですから34年前の蛇腹カメラで撮りました
松本十郎の書軸の撮影などに活躍してくれた機材です

しかし今年5月に光漏れするようになったことに気がつきました
c0182775_113788.jpg

上のように横位置にして左側に光漏れがあり
写したコマすべてがこんな具合になりました

じっくり検討する暇がなかったので
9月になってから点検と対策に取りかかりました

カメラを普通に構えるとフィルム面で
縦6cm×横4.5cm つまり縦長に写りますから
上の写真は横位置に構えて撮影したものです

光漏れは横位置画面で左側ということは実は右側
縦位置で レンズの下部の蛇腹が原因だ
というのは分かりますので
それをいったん遮光布で覆って撮影したのがひとコマ目です

遮光布は100円ショップで買ったトラベル巾着です

トラベル巾着は濡れた物や汚れ物を入れるため
表地ポリエステル布に裏地がゴム引きになっています

ゴム引きですから十分な遮光性があるので カメラ道楽には重宝です

それはともかく蛇腹さえ補修すればちゃんと写ることが
ひとコマ目の撮影結果で確認できました

ただ光漏れが鋭いものではなく
目視で蛇腹を点検しても破損や亀裂は確認できませんでした

どうやら蛇腹の素材が経年劣化で光が通るようになったらしいです

この蛇腹は合成皮革ですから まずはウレタン樹脂でしょう

となれば素材に馴染むウレタン塗料を塗布すると改善できそうです
c0182775_11213164.jpg

ご覧のようなウレタン塗料を買ってきて筆で原液を塗りました

3度塗り程度ではまだ不十分で
さらに3度塗りして試写した結果が下の写真です
c0182775_11394661.jpg

これでもとのように使用できることが確認できました

蛇腹カメラは1950年代のドイツ製を6台持っていますが
今のところ光漏れは1台もありません

しかるに80年代の国産蛇腹が劣化しました

技術の底力というのはこういうところにも現れますね
c0182775_1912197.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-21 12:30 | Fuji GS645 Pro. | Comments(0)

十尺下がって師の影踏まず

c0182775_16572943.jpg

三尺下がってどころか十二三尺離れていました

土曜日のお昼ごろ 午前の剣道練習を終えて帰るところです

この先の交差点で 右端の中学生が一人別方向に離れてゆくと
右から二番目の中学生は前を行くコーチと並んで歩きました

その様子を見ているとどうやら父娘のようです

スポーツに打ち込む親子関係では
父親がコーチで娘が選手という組み合わせの場合は
割合に上手くいってるようです

たとえばジャンプの高梨沙羅さんなども日体大に入った時
父親の高梨寛也氏も日体大のコーチに就任してニュースになりました

写真の女剣士も大成してほしいですね
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-20 17:23 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

ダリアと花言葉「裏切り」と私利私欲解散

c0182775_16462362.jpg

台風の通過はこの近所にはそれほどの被害をもたらしませんでした

台風上陸前に撮ったこのダリアもまだ健在だと思いますが
サイクリングロードの脇に咲いていたものです
c0182775_1648515.jpg

ダリアの花言葉の一つに「裏切り」というのがあるそうです

ナポレオン1世の皇后が好んで独占していたダリアを
侍女が盗んで自分だけのために育ててしまったので
皇后はそれ以後見向きもしなくなったというのです

国民を裏切り続けているアベ内閣が
戦後最大の汚職疑獄の議論をさせないために
臨時国会冒頭に解散するというのには
もはや呆れるどころか怒りしか覚えません

「アベ疑獄隠し解散」「敵前逃亡解散」などと言われますが
これほどひどい解散選挙は見たことがありません

アベの私利私欲のために700億円の選挙費用を使うのは許せませんが
やる以上は鉄槌を下したいと思います
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-19 17:07 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)

厚別川で遊ぶ人々と台風「再上陸」というおかしな表現

c0182775_12382868.jpg

昨日の写真の土手の反対側の河川敷です

河川敷はパークゴルフ場になっていて シーズン中は
常連さんはこのスタンドに用具をかけっぱなしにしています

釣り糸を垂れる高齢者もいました
c0182775_1312482.jpg

堰堤下の淀みは好スポットになっているらしく
以前にも釣りをしているカップルを撮ったことがあります

台風18号が昼過ぎには札幌を通過しました

この川が増水するかどうかは予断を許しませんが
かつてこの1キロほど先の下水道管が氾濫して
道路が冠水するということはありました

ところで九州から北上した台風が四国に上陸するときも
今回のように北海道に上陸するときも
マスコミは「再上陸」と表現していますが
四国にとっても北海道にとっても「最初の」上陸なのに再上陸らしいです

「北海道に再上陸」と言えば 一度北海道に上陸した台風が抜けて
ふたたび進路を変えて上陸する場合にいうものだと思います

九州四国本州に一度でも上陸した台風が
北海道に上陸するのが再上陸なら
やってくる台風はほとんどすべてが再上陸になってしまいます

日本列島全体を画像で見れば再上陸かも知れませんが
待ち構える当事者としては
違和感をぬぐうことが出来ません
c0182775_1894787.jpg

使用機材→クリック
# by zuoteng_jin | 2017-09-18 17:30 | RetinaIIIc Xenon | Comments(0)